hadamoreBiz 利用規約(iOS版)

 この利用規約(以下「Biz規約」といいます)は、マクセルスマートコミュニケーションズ株式会社(以下「当社」といいます)が提供する情報端末向けアプリケーション「hada more Biz」(以下「Bizアプリ」といいます)及びそれを通じて提供されるサービス(以下Bizアプリと総称して「Bizサービス」といいます)を利用するにあたり、必要な条件を定めることを目的とします。
なお、Bizサービスの利用にあたっては、マクセル株式会社が販売する肌専用撮影機器「肌レンズ ミモレ」又は「肌カメラ」(以下総称して「撮影機器」といいます)が必要となりますので、予めご了承ください。
また、Bizサービスは医学的な判断を行うものではありませんので、係る診断に関しては、医師にご相談ください。

第1条(定義)
1.「肌判定者」とは、Bizサービスを通じて肌の判定を受ける者をいいます。
2.「会員」とは、Biz規約に同意のうえ、Bizサービスを利用する者(法人、個人を問わず)をいい、第4項に定める「有料会員」と第5項に定める「無料会員」の2種類に分かれます。
3.「デバイス認識ID」とは、撮影機器に個別に付与されたIDの総称であり、ミモレにはレンズID、肌カメラにはカメラIDがそれぞれ付与されています。なお、Bizサービスを利用するには、当該IDの登録が必要となります。
4.「有料機能」とは、Bizサービスにおいて、利用料をお支払いただくことで利用することができる機能をいい、当該機能を利用する会員を「有料会員」といいます。
5.「無料機能」とは、Bizサービスのうち、利用料をお支払いただかなくとも利用できる一部の機能をいい、当該機能のみを利用する会員を「無料会員」といいます。
6.「肌判定結果」とは、撮影機器で撮影した肌判定者の肌画像データ、年齢、性別、アンケート情報、利用状況に関する情報を基に、当社独自の分析・解析方法によって肌判定者の肌を判定した結果をいいます。
7.「肌情報」とは、当社がBizサービスを通じて取得する情報(前項で定める情報及び肌判定結果を含みますが、これに限られません)の総称をいい、個人情報は含まれておりません。

第2条(Bizサービス)
1.当社は、Bizサービスを通じて、肌情報等を基に肌判定者の肌を判定し、会員に対して肌判定結果その他肌に関する情報を提供します。
2.会員が有料機能をご利用いただく際には、別途、Bizアプリの配信会社であるApple Inc.、その子会社及びその関連会社(以下「Apple」といいます)が定める手続きが必要となり、会員は当該手続きの完了をもって有料会員とみなされます。
3.前項の有料機能に関するお手続きについては、全てAppleの定めるところにより、当社は一切関与せず、また一切の負担も負いません。

第3条(適用)
1.会員が使用する情報端末にBizアプリをインストール、ダウンロードした時点で、当社及びマクセル株式会社は会員がBiz規約に同意したものとみなし、これをもって、当社、マクセル株式会社及び会員との三者間でBiz規約を内容としたBizサービスの利用契約(以下「Biz利用契約」といいます)が成立します。
2.肌判定者と会員が別の者である場合、会員は、肌判定者に対し、Biz利用契約を遵守したうえで、Bizサービスを利用させるものとし、肌判定者がBiz利用契約に反した場合には、会員のBiz利用契約違反があったものとみなします。
3.当社及びマクセル株式会社がそれぞれのウェブサイト又はBizサービス内で随時掲載するBiz規約に関するルールその他の諸規定等はBiz規約の一部を構成します。
4.前項に定めるルールその他の諸規定等とBiz規約の内容に矛盾が生じたときは、原則として、その時点で最新のものが優先的に適用されます。
5.Biz規約と当社又はマクセル株式会社のBiz規約に関する業務の提携先(以下総称して「提携先」といいます)が定める約款(又はこれに類するもの)の内容に矛盾が生じたときは、原則として、Biz規約が優先的に適用されます。

第4条(権利の帰属)
1.当社は肌情報を取得し、その所有権、利用権及び知的財産権その他一切の権利を有します。なお、この利用権には、肌情報の利用(利用(肌情報の修正、改変、翻訳、編集を含みます)、開示、譲渡(利用許諾を含みます)及び処分する権利が含まれます。
2.マクセル株式会社は当社と同等の権利(前項で規定した権利)を有し、その権利に基づいて独自に作成した肌情報のデータベース等に関する著作権その他一切の知的財産権を有します。なお、マクセル株式会社は当該権利に基づき、肌情報を提携先その他第三者に提供するなど、肌情報に関連する業務(以下「肌情報に関する業務」といいます)を行います。

第5条(利用環境)
1.Bizサービスの利用にあたって必要な機器(撮影機器等)や通信手段を含む利用環境については、会員の責任と負担で用意し、発生する通信料等についても会員の負担とします。
2.当社がBizサービスの対応情報端末やOSを指定した場合であっても、当該端末やOSにおけるBizサービスの正常な動作を保証するものではなく、利用環境等によりBizサービスが動作しない、又はBizサービスが利用できない場合であっても、当社及びマクセル株式会社は一切の責任を負わず、またそれらに対するサポートには応じられません。

第6条(デバイス認識ID)
1.会員はデバイス認識IDを自己の費用と責任において厳重に管理し、他の会員その他第三者に使用させ、又は貸与、譲渡、売買、質入れ等をしてはなりません。
2.会員はデバイス認識IDの盗用等その他第三者利用が判明したときは、直ちに当社及びマクセル株式会社にその旨を通知するとともに、その後の対応については、当社及びマクセル株式会社の指示に従います。

第7条(委託)
当社及びマクセル株式会社は、会員の同意がなくともBizサービス又は肌情報に関する業務の全部又は一部を第三者に委託することができます。

第8条(個人情報)
当社及びマクセル株式会社は、Bizサービスを通じて知り得た会員及び肌判定者の個人情報を個人情報の保護に関する法律その他関連法令(ガイドラインを含む)及び当社又はマクセル株式会社が別途定める個人情報の取扱い方針等を遵守し、安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずることとします。

第9条(禁止事項)
会員及び肌判定者は、Bizサービスを利用するにあたり、以下のいずれかに該当する行為又はそのおそれがある行為を行ってはなりません。
(1)肌判定者本人の許諾なしに、肌判定者の情報を登録し、Bizサービスを利用する行為
(2)Bizサービスを手段として、直接に金銭その他の商業的利益を求める行為
(3)Bizサービスの知的財産権の表示を削除又は改変する行為
(4) Bizサービスの全部又は一部を複製、頒布、公衆送信、改変、翻訳、翻案する行為又は二次的著作物を作成する行為
(5)他の会員又は会員自身のデバイス認識IDの譲渡、再使用許諾、貸与、賃貸その他方法により、Bizサービスの全部又は一部を第三者に不正利用させる行為又は会員自身による不正利用行為
(6)逆アセンブルや逆コンパイルを伴うリバースエンジニアリングを行う行為
(7) Bizサービスのソースコードや、アイデア又はBizサービスに関する情報(肌情報を含みますがそれに限られません)等を分析又は解析する一切の行為(AIによるものも含みます)
(8) Bizサービスに関する情報(肌情報を含みますが、これに限られません)の全部又は一部を転用する行為
(9) Bizサービス又は肌情報に関する業務の運営用設備等への不正アクセス行為、運営妨害行為、又はそれらの信用を毀損する行為
(10) Bizサービス上で、不要又は不正に第三者の個人情報を入力する行為
(11)当社、マクセル株式会社又は第三者の権利を侵害、制限又は妨害する行為
(12)当社、マクセル株式会社又は第三者の名誉又は信用を傷つける行為
(13)当社、マクセル株式会社又は第三者の情報端末、通信機器等の機能を害するように設計されたコンピューターウィルス、マルウエア等のプログラムを含む情報等又は迷惑メールの送信行為
(14) Bizサービスを診療目的で使用する行為
(15) Bizサービスを化粧品等の効果効能を表すために使用する行為
(16)当社又はマクセル株式会社の業務に著しく支障をきたす行為
(17) Bizサービスの利用にあたり、撮影機器以外の撮影機器を使用する行為
(18)未成年、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであるも、法定代理人、後見人、補佐人又は補助人の同意を得ずにBizサービスを利用する行為
(19)Biz規約、法令又は公序良俗に反する行為
(20)その他当社又はマクセル株式会社が不適当と判断する行為

第10条(反社会的勢力の排除)
会員は、次の各号に定める事項を現在及び将来にわたって表明し、保証するものとします。
(1)自ら及び利用者が暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団をいう。)、暴力団員(同条第 6 号に規定する暴力団員。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団その他暴力、威力、詐欺的手法を用いて暴力的不法行為等(同条第 1 号に規定する行為。)を常習的に行う、又は自らの目的を達成することを常習とする集団又は個人(以下「反社会的勢力等」といいます。)に該当しないこと
(2)自己の代表者、役員又は主要な職員(雇用形態及び契約形態を問わない。)が反社会的勢力等に該当しないこと
(3)直接、間接を問わず、反社会的勢力等が自己の経営に関与していないこと
(4)自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力等を利用していると認められる関係を有していないこと
(5)反社会的勢力等に対して資金等の提供ないし便宜の供与等をしていないこと
(6)自己の代表者、役員又は経営に実質的に関与している者及び利用者が反社会的勢力等と社会的に非難されるべき関係を有していないこと


第11条(Biz利用契約の解除等)
1.当社及びマクセル株式会社は、会員又は肌判定者が以下のいずれかに該当するとき、又はそのおそれがあると判断したときは、会員又は肌判定者への事前の通知なくして、Bizサービスの全部又は一部の提供を中止し、又はBiz利用契約の全部又は一部を解除その他適切な措置を講ずることができます。
(1)Biz規約のいずれかに違反したとき
(2)過去にBiz規約のいずれかに違反した者が再度会員として登録したとき
(3)不通となったとき
(4)有料機能のお支払が滞ったとき
(5)その他、会員又は肌判定者として不適切であると当社又はマクセル株式会社が判断したとき
2.会員は前項の解除によって生じた当社及びマクセル株式会社の損害の一切を賠償します。

第12条(Bizサービスの利用終了)
1.有料会員が有料機能の利用を終了するには、別途、Appleが定める手続きが必要です。なお、当該手続きについて、当社は一切関与せず、また一切の責任を負いません。
2.有料会員がBizサービスの利用を終了したいときは、まずは前項のお手続きを済ませ、その後次項に定める手続きを行います。
3.会員は、会員が使用する情報端末にインストールされているBizアプリの全てをアンインストール又は削除することで、いつでもBizサービスの利用を終了することができます。なお、当該利用終了をもって、Biz利用契約は終了します。
4.会員がBizサービスの利用を終了し、その後利用を再開した場合において、前利用時に入力、保存した肌情報等を引き継ぐことはできません。

第13条(通知)
1.当社又はマクセル株式会社からの通知は、それぞれが運営するウェブサイトへの掲載、Bizサービス内でのお知らせ画面での通知その他当社又はマクセル株式会社が適切と判断するいずれかの方法で行います。
2.前項による通知は、当社又はマクセル株式会社による掲載又は通知手続等が完了した時点をもって、その効力が発生します。

第14条(保証及び責任)
1.当社及びマクセル株式会社は、Bizサービス又は肌情報に関する業務に起因して生じた会員又は肌判定者の損害について、当社又はマクセル株式会社に故意又は重過失があるときに限り、その損害を賠償します。なお、当該賠償は会員又は肌判定者に現実に生じた通常かつ直接の範囲の損害に限り、金1万円を上限額とします。
2.当社及びマクセル株式会社は、有料機能の支払い等、Appleと会員との関係に起因して生じた紛争、苦情、損害については、一切関与せず、一切の責任を負いません。
3.当社及びマクセル株式会社は、Bizサービスの機能、性能、及び肌判定結果や表示内容への正確性、最新性、有用性、第三者の権利侵害、安全性その他一切の事項について、明示的にも黙示的にも一切の保証をいたしません。また、当社及びマクセル株式会社から口頭又は書面により提供される情報についても、同様です。
4.当社及びマクセル株式会社は、Bizサービスの利用にあたり、エラー、不具合、又はセキュリティ上の欠陥が生じないことについて、一切保証しません。
5.当社及びマクセル株式会社は、会員自身が他の会員その他第三者に対してデバイス認識IDを提供したときは、同時に、そのIDによって管理される肌判定者の肌情報についても提供したものとみなし、かかる提供に起因して生じた会員又は肌判定者の損害について、一切関与せず、一切の責任を負いません。
6.当社及びマクセル株式会社は第15条第1項各号に起因して生じた肌判定者の肌情報の損傷、滅失等について、一切の責任を負いません。
7.Bizサービスは外部へのリンクを含んでおりますが、当社及びマクセル株式会社以外の第三者(提携先も含みます)が管理・運営するウェブサイトに関する事項について、当社及びマクセル株式会社は一切の責任を負いません。
8.当社及びマクセル株式会社は、Bizサービスの利用又は肌情報に関する業務に起因して生じた会員、肌判定者、提携先及び第三者間の紛争について、一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第15条(Bizサービスの変更及び停止等)
1.当社は、以下の各号に該当するときは、会員への事前の通知なくして、Bizサービスの全部又は一部を変更、停止又は中止(終了)することができます。
(1)定期又は臨時メンテナンスを行うとき
(2)火災、停電、天災地変又はその他不可抗力による緊急事態の発生又は発生するおそれがあるとき
(3)Bizサービスの用に供している当社の設備、電気通信設備、又は当社システム等にBizサービスの提供を不可能とする不具合が生じたとき
(4)その他、当社がBizサービスの停止又は中断を必要と判断したとき
2.当社は会員への事前の通知なくして、Bizアプリのアップデートを行うことができます。この場合、会員は当該アップデートを行うまでの間、Bizサービスの全部又は一部をご利用いただけなくなる場合があります。なお、当社はアップデートを行う義務を負うものではなく、特定のサポート等の提供を決定した場合であっても、いつでも会員への事前の通知なくして当該サポートの提供を終了することができます。

第16条(Biz規約の変更)
1.当社及びマクセル株式会社は、Biz規約が定める方法により規約を変更する旨、変更後の規約内容並びにその効力発生日を事前に通知することで、Biz規約を変更することができます。
2.Biz規約が変更された場合、Bizサービスの提供条件は、変更後の規約に従います。
3.会員が第1項に基づいて定めた効力発生日以降にBizサービスを利用したときは、当社及びマクセル株式会社は、会員が変更後の規約に同意したものとみなします。
4.変更後の規約内容に同意できない会員は、当社及びマクセル株式会社が別途定める予告期間中に当社及びマクセル株式会社に対してその旨の通知をすることで、Biz利用契約を解除することができます。

第17条(譲渡制限)
1.会員は、当社及びマクセル株式会社の事前の書面による同意なくして、Biz利用契約上の地位又はこれらに基づく権利義務を第三者に譲渡し、担保に供し、又はその他処分をしてはなりません。
2.当社がBizサービスにかかる事業の全部又は一部を他社に譲渡したときは、当該事業譲渡に伴いBiz利用契約上の地位又はこれらに基づく権利義務を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができ、会員は予めこれに同意します。本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場面が含まれます。なお、マクセル株式会社の肌情報に関する事業の全部又は一部を他社に譲渡したときも、同様です。

第18条(秘密保持)
会員は、Bizサービスを通じて知り得た一切の情報をBizサービスの利用目的にのみ利用し、第三者に漏洩してはなりません。

第19条(有効期間)
1.Biz利用契約は第3条第1項で定めるBiz利用契約の成立時から第11条第1項又は第16条第4項による解除、又は第12条によるBiz利用契約の終了まで、有効に存続します。
2.会員はBiz利用契約の有効期間中、Bizサービスを利用することができます。
3.第1項に関わらず、第4条(権利の帰属)、第8条(個人情報)、第10条(反社会的勢力の排除)、第11条第2項(Biz利用契約の解除等)、第14条(保証及び責任)、第17条(譲渡制限)、第20条(輸出関連法令の遵守)、第21条(協議)、第22条(準拠法)、第23条(管轄裁判所)及び本項はBiz利用契約終了後も引き続き有効に存続し、第18条(秘密保持)はBiz利用契約終了後3年間に限り引き続き有効に存続します。

第20条(輸出関連法令の遵守)
会員がBizサービスの全部又は一部を輸出するときは、外国為替及び外国貿易法その他輸出関連法令を遵守し、所定の手続きをとります。米国輸出関連法等外国の輸出関連法令の適用を受け、所定の手続きが必要な時も同様です。

第21条(協議)
1.当社、マクセル株式会社、会員及び肌判定者は、Biz利用契約に定めのない事項、又はそれらの解釈に疑義が生じるときは、誠意をもって協議し解決します。
2.前項の協議を行う場合であって、相手方の求めがあるときは、当社、マクセル株式会社、会員及び肌判定者は当該協議を行う旨の合意を書面(電磁的記録を含みます)にて行います。

第22条 準拠法
Biz利用契約の成立、効力、履行及び解約にあたっては、日本国法に準拠します。

第23条 管轄裁判所
Bizサービスに関する一切の紛争は、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所をもって第一審の専属管轄裁判所とします。

制定日2017年11月20日
改訂日2020年3月27日
マクセル株式会社
マクセルスマートコミュニケーションズ株式会社